スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進撃の巨人 女型巨人の正体

※この記事はネタバレを含みます。














進撃の巨人の5巻のころから出てきている女型の巨人の正体。読んでれば大抵の人が気づきますが、アニ・レオンハートですね。

まだ確定したわけではないのでわかりませんが(単行本しか読んでないので、今どうなってるかは知りません)、間違いではないと思いまが、7巻を読んで核心に変わりました。



まずどうしてそうだと思えるのか、第一に見た目が似ているということでしょう。
エレンが巨人かしたときも見た目が反映されているので


次に様々な複線があります。
アニは幼少のころから父親に体術を習っており・・・まずここで疑問がひとつ浮かぶはずです。
進撃の巨人の世界では人間同士の戦争はなく、巨人対人間の争いが続いております。
そんな世界で人間相手の体術を教えることにどれほどのメリットが? 女性ですし護身に体術を教えるということ
や体の使い方学ぶためになど色々な理由が十分に考えられますが、やはり巨人相手の立体起動でも教えておいたほうがよほどいいでしょう。

体術を教える理由で考えられるのが、スパイとして育成していたためと巨人化したときの為の二通りあります。


・スパイの可能性。
七巻で言われていますが、何らかのために巨人を利用し壁を壊したがる勢力のスパイの存在です。
スパイ活動を行っていれば、対人のために体術を習得する必要が出てきます。

・巨人化したときのための可能性
アニの父親が、自分の娘に巨人化ができるようにさせる予定があったのかは知りませんが、そのために体術を教えていた可能性があります。

この二つのうちのどちらかの理由、もしくはこの二つの理由で体術を教えていたのかもしれません。
もちろん5年前はアニの父親が現役のスパイだったのでしょう。ですが今はアニがスパイなのかな?


描写の複線
七巻では、女型の巨人と巨人化したエレンの激しい戦闘シーンが描かれています。
その戦闘シーンの中で見開きで、殴りかかっていくエレンに対し、女型の巨人が下段蹴り 初めて体術の訓練でエレンがアニと戦ったときに似ていますね(気のせい?)
それを巨人化でのアニとエレン初めての戦闘に取り入れたように感じます。


ほかにも要所要所で足技が見られ、アニのような動きを意識して描かれているように感じます。

ライナーが捕まりながらも殺されなかったことやアルミンが殺されなかったのも、アニがそこまで任務に徹し切れなかったことによるものだと考えられます。


さらに七巻でミサカが女型の巨人の首筋を狙いに行ったとき、女型の巨人のカウンターをリヴァイ兵長に救われたシーン。
ここでも疑問に思うのが、いくら手負いの巨人の攻撃といえども人間の体当たりで防げるほどのものなのか?
巨人がアニならば、ミサカを殺さず払いのける程度の力だったのかもしれませんね。


他にも女型の巨人の涙などなど、他にも色々とありますがざっとこんな感じですかね。



喋る巨人のことからも、他の巨人も元は人間だったと考えることも可能で
壁を壊した大型巨人や鎧の巨人、女型巨人のように人間戻ったり意識があるまでの実験の犠牲なのかもしれません





進撃の巨人(7) (講談社コミックス)

新品価格
¥440から
(2012/4/13 11:02時点)


FC2 Management

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://osaka27.blog67.fc2.com/tb.php/60-b1c309cf
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

大阪

Author:大阪
PSO名:大阪
10鯖でちょろちょろしてます。見かけたらよろしく

PCでFPSとかもやってます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

フリーエリア





Copyright © 大阪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。